Category Archives: 研究会・シンポ

ご案内:第一回「一帯一路」大連フォーラム 2019.9.12

「一帯一路」と新たな日中協力 第一回「一帯一路」大連フォーラムのご案内 「一帯一路」構想が打ち出されて5年余り、国際社会から注目され、広く支持を集めたのみならず、日中間の実れる協力を進める新たなプラットフォームになりつつあります。「一帯一路」における日中企業、都市、地域の戦略的接続、貿易と投資、産業と科学技術の協力、文化交流、及び第三国市場協力を進化させ、日中間協力の新モデル、新機会、新実践、新事例に関する交流を一層深めるために、下記とおり、「一帯一路」と新たな日中協力―第一回「一帯一路」大連フォーラムを2019年 9月12日に、大連外国語大学にて開催いたします。参加される方は、下記要領で、お申し込み頂きますようご案内申しあげます。 <記> 一、期日と場所 期日:2019年9月12日(木) 場所:中国 大連、大連外国語大学 二、組織体制 1.主催者 大連市発展改革委員会 大連外国語大学 一帯一路日本研究センター 遼寧省「一帯一路」人文交流と言語産業学校企業連盟 2.実施者 大連外国語大学「一帯一路」都市と地域発展研究院 大連外国語大学商学院  三、テーマ 1.日中協力の戦略に関する研究 2.第三国市場における日中協力に関する研究 3.日中二国間経済、貿易協力の深化に関する研究 4.グリーン・低炭素発展の日中協力に関する研究 5.日中科学技術協力に関する研究 6.日中人文交流・協力のメカニズムに関する研究 7.日中文化、観光、教育、高齢者介護の協力に関する研究 8.日中自由貿易区の協力のメカニズムに関する研究 9.RCEPの推進における協力のメカニズムに関する研究 10.日中協力と共同発展におけるビッグデータの応用に関する研究 11.「一帯一路」と他の国際協力枠組みの関係に関する研究 12.その他の「一帯一路」関連の議題 四、日程 ●2019年9月11日(水)、参加者チェックイン ●2019年9月12日(木)、フォーラム開催 09:00-09:30   開幕式 09:30-11:30   基調講演 11:30-13:30   昼食 13:30-16:30   分科会 ●2019年9月13日(金) 9:00-12:00 旅順見学 13:00       解散 五、論文募集と提出期限 フォーラムに参加する学者に、論文提出にご協力をお願いする。 1.要旨提出の締め切り フォーラムの参加人数を把握し、準備作業を進めるため、参加者は2019年8月10日までに、申込表及び論文要旨をフォーラム事務局のメールアドレスに送ってください。また、フォーラムで報告するかを明記してください。論文の要旨に関しては、論文のタイトル、要旨本文(500~700字)、キーワード(3~5個)、著者の氏名と所属のほか、連絡先とメールアドレスも明記してください。 2.論文提出の締め切り 今回のフォーラムの論文は、論文集の形で全国レベルの出版社で出版する予定である。投稿する予定の学者は、2019年8月25日までに論文をeメールで事務局のメールアドレスに送ってください。論文には本文以外、タイトル、著者名と所属、連絡先とメールアドレス、要旨、キーワード、参考文献などの内容を含まれる。 3.フォーラム事務局の連絡先 中国側(メイン事務局): 担当者:謝風媛(大連外国語大学「一帯一路」都市と地域発展研究院副院長)… Read More »

第一回「BRIJC東京フォーラム」6/15(土)「変貌する世界と一帯一路の展望」日本記者クラブ

テーマ「変貌する世界と一帯一路の展望」 日  時:2019年6月15日(土曜日)午後13時00分~16時30分 場  所:日本記者クラブ10階ホール(日比谷プレスセンター10階) 主  催:一帯一路日本研究センター(BRIJC) 共  催:JST中国総合研究・さくらサイエンスセンター、日本華人教授会議、国際アジア共同体学会、全球化智庫CCG、絲綢之路城市聯盟、一帯一路百人論壇 後  援:中国大使館、一般財団法人日中経済協会、一般財団法人国際貿易投資研究所、一般社団法人日本中華総商会、朝日新聞社、毎日新聞社 協  賛:中国工商銀行東京支店、(株)エノキフィルム、アニメーションプラネット、E&G(株) 言  語:日本語、中国語 同時通訳付き 入場無料:事前登録 懇親会:フォーラム終了後17:00〜日比谷松本楼(日比谷公園内) 開会の辞 一帯一路日本研究センター 代表 進藤榮一 来賓ご挨拶 谷口誠(元国連大使、BRIJC顧問) パネル1:一帯一路構想から21世紀グローバルガバナンスへの道 左から朱建栄、王義桅、小原雅博、黒瀬直宏、江原規由 パネルⅡ:日中第三国協力をどう進めるのか―日中相互連携の道 左から、周瑋生、張燕玲、河合正弘、杉田定大、井川紀道 記念講演「アジアダイナミズムに向き合う日本」 寺島実郎(多摩大学学長、日本総合研究所会長) 東京宣言 進藤榮一一帯一路日本研究センター代表 集合写真 【掲載記事リンク】 ●经济日报 http://intl.ce.cn/specials/zxgjzh/201906/15/t20190615_32371055.shtml ●人民网 http://world.people.com.cn/n1/2019/0619/c1002-31167261.html?from=groupmessage&isappinstalled=0 ●Record china https://www.recordchina.co.jp/b722196-s136-c10-d1136.html?lt=1 【報告】動画及び実施報告をまとめています。今しばらくお待ちください。 プログラムpdfは こちら 東京宣言発表 pdfは こちら

【報告】12/16 ISAC年次大会・BRIJCシンポ

「一帯一路第一次訪中調査」成果発表、及び「一帯一路からユーラシア新世紀の道」出版記念シンポジウムで米中貿易戦争を論議 国際アジア共同体学会(ISAC)は一帯一路日本研究センター、日本華人教授会議、明治大学国際武器移転史研究所、韓国人研究者フォーラムとの共催のもと「一帯一路からユーラシア新世紀の道」というテーマで、2018年次大会を同年12月16日に明治大学グローバルフロントで開催した。毎日新聞社、日本中国友好協会、日本評論社が後援した。 一帯一路日本研究センターの研究者らが2018年9月に中国の一帯一路問題にからむ地域を現地調査、その成果を日本評論社から大会テーマと同じタイトルの書物にしている。そこで、この大会は出版記念シンポジウムを兼ねることにしたのが大きな特徴。また、大会で第6回岡倉天心賞を発表、受賞者はそれを受けて記念講演を行った。 プログラムは、午前の部では第1部が恒例の若手研究者の自由報告、続いて第2部が岡倉天心賞の発表、受賞者による特別講演、このあと第3部が一帯一路日本研究センター訪中団の現地調査報告、第4部が記念講演、また午後の部は、第1部が出版記念シンポジウムとして「米中貿易戦争と一帯一路構想の新展開」というテーマのもとにパネルディスカッション、そしてフィナーレを飾る形で第2部に記念講演を行う、という段取りだった。 さらに読むは こちら (外部サイト ISAC HPへリンクします。)

12/16 ISAC年次大会・BRIJCシンポ CGTNネットニュースで紹介されました。

A New Era in China-Japan Relations? Joint infrastructure projects show great potential https://news.cgtn.com/news/7749544f7a494464776c6d636a4e6e62684a4856/share_p.html ◎媒体名:CGTN(China Global Television Network) ◎媒体概要:CGTNは、北京、ナイロビ、ワシントンに独立した編成拠点を置く、24時間マルチリンガルニュース放送プラットフォームになります。 70カ国に契約記者を持ち、メインの英語放送を始め、CGTN Spanish、CGTN French、CGTN Arabic, CGTN Russianなど、6チャンネル、100カ国で、衛星、ケーブル、地上波で放送しております。残念ながら日本ではネットでのみの視聴になります。 視聴者数は、それぞれのチャンネルにての内訳は定かではありませんが、約8千5百万人と言われております。また、スマートホン用のアプリなどでも視聴が可能になります。

『一帯一路からユーラシア新世紀へ』出版記念会兼訪中団基調報告シンポ12/16@明治大学

国際アジア共同体学会と共催で、「一帯一路」出版記念会及びシンポジウムを開催いたします。 ●テーマ:「一帯一路からユーラシア新世紀への道」 ●日時:2018年12月16日(日曜日) ●場所:明治大学御茶ノ水グローバルフロント1階(東京都千代田区神田駿河台1−1) ●プログラム *詳細はチラシをご参照ください。チラシのダウンロード 【午前の部】 Ⅰ:若手・文化・自由報告報告(公募) Ⅱ:特別部会:岡倉天心記念特別講演 Ⅲ:「一帯一路」日中訪中団現地調査交流報告 Ⅳ:基軸報告 谷口誠(元国連大使、一帯一路日本研究センター顧問)「一帯一路と日本外交の進路」 【理事会/総会】 【午後の部】 第一部:出版記念シンポジウム「米中貿易戦争と一帯一路構想の新展開」 第二部:記念講演 ・川名浩一(日揮株式会社副会長)「氷上シルクロードと饒舌なサムライたち――日揮の挑戦――」 ・夏紀(長久物流日本代表)「長久物流集団にみる新シルクロード政策」 【懇親交流会】(17:30~19:30)近隣レストラン「ナポリの下町食堂」 【参加費】(資料代込み)ISAC会員500円(資料代)/関係機関1000円/一般2000円 【申し込み】申し込みフォームにてお申し込みください。(ISACサイトへリンクします) メールので申し込みはinfo@isac.asiaまで