BRIJCフォーラム 8.1「21世紀海のシルクロードと東アジア海洋協力の道」@専修大学

投稿者: | 2018年7月11日

*** 終了しました。多くのご参加ありがとうございました。***

【掲載記事】
中国の経済日報「中日“一带一路”学术研讨会在东京举行」
中日“一带一路”学术研讨会在东京举行
中日「一帯一路」学術シンポ開催 海めぐり活発な意見–人民網日本語版–人民日報

第2回一帯一路日本研究センター・特別フォーラム
テーマ「21世紀海のシルクロードと東アジア海洋協力の道

日時:2018年8月1日(水曜日)午後16時00分~18時30分
場所:専修大学7号館3階 731会議室
主催:一帯一路日本研究センター(BRIJC)
共催:一般社団法人アジア連合大学院機構(GAIA)、国際アジア共同体学会(ISAC)

プログラムpdf こちら

**プログラム**
総合司会
原田博夫(専修大学経済学部教授・国際アジア共同体学会副理事長)
開会挨拶朱建榮(東洋学園大学教授・一帯一路日本研究センター副代表)

<基調報告Ⅰ(16:30〜17:30)>
侯 毅Hou Yi(中国社会科学院辺彊研究所副主任)「21世紀海のシルクロードと中国の政策」
後藤康(亜細亜大学都市創造学部教授、元日本経済新聞アジア部長・論説委員)「東シナ海ガス田開発を巡る日中協力のシナリオ」

<基調報告Ⅱ(17:30〜18:30)>
野澤太三(元法務大臣、NPO法人日韓トンネル研究会理事長)「日韓海底トンネル計画と海のシルクロード」
王 暁鵬Wang Xiaopeng(中国社会科学院辺彊研究所副研究員)「グローバル的視野から見た中日の歴史文化交流」

<質疑応答・ディスカッション(18:30〜18:45)>
<閉会挨拶>進藤榮一(一帯一路日本研究センター代表・国際アジア共同体学会会長)